Pocket

q128_128カードローンとマイカーローン、両方とも登録する場合、どのような順番で登録をした方がいいのでしょうか。別にどちらが先でも問題がないような気はしますが、車などの大きな買い物をするときには、少しでも有利な条件で契約を結びたいものです。そのため、どちらを先に登録した方が有利になるのか紹介をしていきます。

マイカーローンとカードローンの関係性

まず、カードローンですが大手消費者金融業者や銀行が提供するものです。使用用途を限定しませんので、どのようなことにも使用することが出来ます。そのため、便利ではあるものの、使用用途を限定していない分、ギャンブルで利用してしまう人もいるので、どうしても金利が高くなる傾向があります。

一方、マイカーローンですが車の購入資金や、車の修理費、車検の費用、中には運転免許をとるために利用することのできるものまであります。使用用途が決まっていますので金利に関しては比較的低く抑えられています。特に銀行からの融資の場合がもっとも金利が低く、ディーラーローンという、ディーラーが提携している信販会社からのローンは金利が高くなります。しかし、カードローンと比較をすれば金利は低くなります。

マイカーローンとカードローンですが、マイカーローンを組む場合、カードローンは邪魔になる可能性があります。そのため、マイカーローンの審査に通ることができずに、低価格な車しか購入することができないケースが存在します。

つまり、マイカーローンとカードローンを利用する場合、マイカーローンを先に組んだ方が、マイカーローンの審査が有利になる可能性があります。

マイカーローンを先に組んだ方がいい理由

まず、車をローンで購入する場合、総量規制の対象とはなりませんので、カードローンをすでに利用していてもさほど関係ない、と思うかもしれません。

しかしながら、マイカーローンで重視されるのは返済能力です。例え、車という担保があったとしても、新車の中古車では価値が異なってきますので、換価しても負債が残る可能性があります。そのため、借主の返済能力は何よりも重視されます。

そしてカードローンを組んでいる場合、マイカーローンとあわせて返済する必要が出てきますので、毎月の返済額というのは、マイカーローンのみの借主と比べれば多くなり、滞納する可能性というのが高くなります。

もちろん、年収や職業報酬が高い、また安定しているような職業についていて確実に返済することができるとマイカーローンを融資する金融機関が判断しない場合は、カードローンの存在は、マイカーローンの審査ではマイナスのポイントになり、結果としてマイカーローンを融資してくれないということもあります。

マイカーローンの後にカードローンを利用するといい理由

前述の理由もあります。毎月の返済額が多くなるので、マイカーローンを組む前にカードローンの契約はマイナスポイントになります。

ただ、カードローンの審査に関しては、マイカーローンを組んでいたとしても審査が不利になるということはありません。ただ、カードローンの借入可能枠に関しては年収の3分の1までは法律上は可能ですが、マイカーローンの返済があるとして借入可能額に幾分かの制限をかけられる可能性はあります。

マイカーローンを組むことができないよりは、カードローンの借入可能枠に制限がかかる可能性があるものの、カードローンを利用できるのですからカードローンをマイカーローンの後に契約をした方にメリットはあります。

ただ、どちらにせよ返済ができない、遅延でもしたら、信用情報に傷が残りますので、返済のできる範囲で利用するにこしたことはありません。

まとめ

マイカーローンとカードローン、どちらを先に契約をした方がいいのか、悩んだ場合、マイカーローンを先に組んでおくといいでしょう。

先にカードローンの契約をしてしまいますと、毎月の借金返済額というのが大きくなる可能性があるとして、マイカーローンの審査に落ちる可能性があります。カードローンの審査を後にすることで、利用限度額には制限をかけられる可能性はありますが、利用することは不可能ではありません。

Pocket