Pocket

bank128_128マイカーローンの負担を少しでも安くしたいのであれば、マイカーローンの借り換えが非常にお得です。しかし、誰しもマイカーローンの借り換えができるのかといえば、誰でもできるわけではないので注意をしたほうがいいでしょう。今回は、マイカーローンの借り換えの注意点を紹介していきます。

様々な借り換え理由

マイカーローンの借り換えの理由としては、金利が安くなるので借り換えをするという方が多くなるのではないのでしょうか。

初めて車を購入するにあたり、よくよく情報収集をせずにディーラーローンのような比較的金利の高いマイカーローンで組んでしまったので、銀行系の低金利のマイカーローンに乗り換えたいので借り換えをするというものです。

そうすれば、支払い総額が減少しますので、このメリットを考えて借り換えをするという方が多くいるはずです。手数料などがかかりますが、それらを合わせてトータルで支払額が安くなるのであれば、借り換えを選んだ方が得になります。

また、金利が低くならない場合であっても借り換えをするという方もいます。例えば収入が減り月々のマイカーローンの返済がきついので、金利は変わらないけれど返済期間が長くなる場合、借り換えを選択するというケースもあります。最終的には支払い総額が増えてしまうのですが、滞納をするよりはいいでしょう。

借り換えができない人

最近では、必ずしもできないというわけではないのですが、ディーラーローンや信販系クレジットを利用してマイカーローンを組んだ場合は、借り換えをすることができません。

これは、その車両の所有権を持っていないので、マイカーローンの借り換えをすることができないのです。

現在では、ディーラーローンや信販系クレジットを利用してマイカーローンを組んだ方を対象にした借り換えプランというのがあります。

無担保ローンになるケース

マイカーローンの借り換えを利用する際に注意をしたいのが、無担保ローンになってしまう可能性があるということです。これは、6年間の返済期間のマイカーローンを3年間利用してきたけれど収入が減ってしまい返済をさらに伸ばすために借り換えをするというものなのです。

この場合、車の担保評価がなくなるという可能性です。返済期間を延長することにより、車の担保評価がなくなってしまうのです。そのため、無担保ローンとして扱われてしまい、マイカーローンよりも金利が高くなるケースがたまにあります。

そのうえ、残債が多ければ無担保ローンを組むのが難しくなるということが十分に考えられます。収入が少なくなり、マイカーローンの返済期間を延ばすために乗り換えを利用しようと考えたのに、金利が高くなるのでは本末転倒もいいところです。

審査がある

借り換えですが、審査があります。そのため、マイカーローンを現在組んでいるから審査くらい問題ないだろうと考えていると足元をすくわれる可能性があります。

この手間暇が意外と面倒くさいので、これらの手間暇がかかることも注意をしたほうがいいでしょう。

まとめ

マイカーローンの借り換えですが、基本的にディーラーローンや信販系クレジットローンで、マイカーローンを組んでしまうと、車の所有権を持っていないので借り換えをするのが難しくなります。

できないわけではありませんが、簡単にはできません。

また、マイカーローンの延長を考えて借り換えをする場合、車の担保評価が下がってしまい、無担保ローンになってしまい、逆に金利が高くなってしまう可能性もあります。さらに、借り換えの際にも審査がありますので、手続きが面倒くさいといえます。

Pocket