Pocket

youngman128_128マイカーローンを組むとき、場合によってですが、保証人を求められるケースがあります。どのようなときに保証人が求められるのか、またなぜ保証人が必要なのか紹介をしていきます。

保証人が必要なときがある

マイカーローンを組む際、人によっては保証人が必要になることがあります。

保証人は、マイカーローンを借りた人が支払いをすることができなくなった場合、その人に代わってマイカーローンの返済をする人になります。マイカーローンの返済は当たり前ですが、借りた当人が行いますが、思いがけないトラブルで返済ができなくなったというときのために、保証人を立てるのです。

保証人がお願いされるとは?

通常、マイカーローンを組む際は、保証人が必要というわけではありません。しかし、人によっては保証人をお願いされるケースがあります。

保証人を求められるということは、金融機関が貸出することができないと判断したわけではなく、貸出することはやぶさかではないのですが、金融機関の審査に通るために、さらに安心をプラスするという意味で求められていると考えることができます。

保証人が必要になる人

どのような人が保証人を求められるのか紹介します。

  • 未成年の場合
  • 勤続年数が1年未満
  • 収入に対して借入れが大きい場合

未成年の場合

未成年の場合は、成人していないという理由で信用が高くありませんので、保護者が保証人になることを求められます。

勤続年数が1年未満

勤続年数が1年以上になれば、保証人を必要としなくなりますので、1年以上経過するのを待つという方法もあります。

収入に対して借入れが大きい場合

審査の際に目安となるのが、1年間に支払うローンの返済額の総額(住宅ローンは除く)が年収の3〜4割を超えていないです。4割を超えてしまいますと、収入に対して借入れ額が大きいとして、審査の通過率が低くなります。

例えば、年収400万円であり、すでに50万円の借入れが存在している場合、マイカーローンで70万円借りようとする場合は、審査において保証人を求められることがあります。

保証人を立てないためには?

様々な理由で、保証人を依頼できる人物がいない時はどうすればいいのでしょうか。

未成年の場合

未成年の場合は、成人するまで自動車の購入を待つというのが最善の策です。

勤続年数が1年未満の場合

勤続年数が1年以上経つのを待つのが最善の策です。

収入に対して借入れが大きい場合

借入額を見直す

つまり、購入する車を見直すというのがあります。購入を検討する車よりも安い車にするという手段です。

現在の借入金を返済する

現在のローンを完済してしまえば、保証人を求められることはありません。

頭金を支払う

頭金を支払い、マイカーローンの額を抑えることで、保証人を求められないようになります。

まとめ

マイカーローンを組む時に、保証人が必要になるケースがあります。これは、現在の状態では審査に落ちる可能性があり、審査をさらに通りやすくするための手段であると考えていいでしょう。

未成年や勤続年数年数1年未満の人は、慌てて車を購入するのではなく、時間が経つまで我慢するというのが、理想的な手段となります。

また、ローンの返済額が年収の3〜4割ありますと審査が厳しくなり、このような人も保証人が求められます。

  • 頭金を用意する
  • 車の価格を下げる
  • 借入額を見直す

これらの手段を利用することをお勧めします。

Pocket