マイカーローン比較ラボでは。マイカーローン(自動車ローン・カーローン)の金利、審査、選び方、基礎知識を徹底解説。お得なマイカーローンの選び方、マイカーローン比較、マイカーローンおすすめランキングなど、このサイトを見ればマイカーローン選びのすべてが解決します。
Pocket

マイカーローンを選ぶ

車を現金一括払いで購入する方よりも、ローンを組んで購入するという人が多くなります。中古車であれば、現金一括で購入できるかもしれません。現在乗っている車を下取りに出して現金一括で購入する方もいるでしょう。

もちろん、現金一括で購入した方が精神的には楽です。しかし、購入した後に爪に火をともすような生活をして、満足にガソリン代が払えず、自動車保険のお金も払えず、事故などを起こしてしまったら、取り返しがつかない程、大損をします。

無理をして現金一括払いにこだわるよりは、マイカーローを組んで月々に返済をしていった方が、家計への圧迫は極めて小さくなります。

そして、せっかくローンを組むのであれば、お得なマイカーローンを組んだ方がいいでしょう。

マイカーローンの種類

マイカーローンは下記の3種類に分けることができます。

  • 銀行系マイカーローン
  • ディーラーローン
  • 残価設定ローン

銀行系マイカーローン

銀行などの金融機関が車の購入資金を融資してくれるローンが銀行系マイカーローンです。JAや労金もマイカーローンの融資をしてくれます。

銀行系マイカーローンのメリット

銀行系マイカーローンのメリットは、もっとも低金利であるということです。金利が他のマイカーローンと比べると低いのです。しかも、中古車や新車など車種に関係なく低金利です。

車の所有権は最初からユーザーのものになります。そのため、マイカーローンで購入して車に飽きてしまったら、処分をしても下取りに出して新しく車を購入しても問題ありません。

さらに、車の購入費用のみならず、車検・修理代・借り換えのために利用することもできますし、自動車教習所などへ通うための費用・車庫の建設費用といった車に関係があるものであれば、マイカーローンとして融資をしてくれます。

車に関係があるものと前述しましたが、船舶やバイク・ロードバイク(自転車)と車でないものもマイカーローンの範囲内であるとし融資を受けることができます。

また、マイカーローンを組んだ銀行で、住宅ローンやカードローンを利用して、返済・完済している実績があれば、金利がさらに低くなるサービスがあります。

金融機関としては、返済・完済をきちんとおこなってくれるお客さんに融資をしても貸し倒れし、融資したお金が負債になる可能性が低いと判断します。そのため、少し低金利にしても問題がないので、金利が低くなります。

マイカーローンのメリットで、見過ごされてしまうのが、一度審査を受けて結果が出ると銀行により長さは異なりますが、再度審査をする必要が無いのです。つまり、車の購入する前に予算がわかります。審査を受けたからといって必ず融資をしてもらう必要もなく、審査後のキャンセルも可能です。

銀行系マイカーローンのデメリット

銀行系マイカーローンの大きなデメリットは、審査に通りにくいというものがあります。銀行は、商売でマイカーローンを融資していますので、貸し倒れして負債になる可能性がある人物にはマイカーローンの融資はできません。

銀行の中には前年どの収入が○○万円以上と条件づけをしている銀行もあります。また、地方銀行の場合は営業地域内に住んでいる、もしくは働いていなければ利用することができません。千葉銀行などは千葉県に住んでいる人のみが受けることのできる割引もあります。

また、審査のための時間が他のマイカーローンと比べると長くなるという特徴もあります。長くなるとはいいましても、それは昔のことであり、近年では即日結果が出る銀行も少なくはありません。また、審査に関しては事前に仮審査を設けていますので、仮審査を受けておけば、審査結果をある程度予想することが可能です。

JAや労金の場合は、会員資格を持っていないと利用することができず、またJAは全国どこでも一律同じ金利ではないので、実際に近くのJAに尋ねるなど手間が多くなります。最近では少なくなりましたが、金利に保証料が含まれているのかいないのか曖昧で、ある意味肩透かしをくらうことがありますので、気をつけましょう。

ディーラーローン

ディーラーローンは、ディーラーが提携する信販会社でローンを組むものです。自動車の販売促進の意味合いが強く、マイカーローンの組みやすさに関しては、ディーラーローンが一番簡単です。

ディーラーローンのメリット

自動車の販売促進のためのローンですから、他のローンと比べローンを組むのが非常に簡単です。土日など関係なしにマイカーローンを組むことができます。

ディーラーローンは信販会社にディーラーが依頼をしてローンを組みます。そのため、信販会社から紹介料としてディーラーに幾分かキャッシュバックがあります。その分を見越して値下げ交渉をすると値引きをしてくれたり、付帯サービス・オプションパーツなどを特別につけてくれたりします。

さらに、ディーラーが勧める自動車保険会社へ加入することで、自動車保険料金を安くしたり、ディーラーでの修理が無料や割引されたりなどの特典があります。

凄く稀なケースですが、販売促進の目玉自動車の場合、低金利の銀行系マイカーローンよりも低金利のディーラーローンを結ぶことができることもあります。ただ、めったにありません。

ディーラーローンのデメリット

マイカーローンを完済するまで、車の所有権はディーラーか信販会社が持っています。そのため、たとえば、今の車に飽きたから売ってしまおう、車にはもう乗らないから友人に譲ろうとしたときに、所有権を持っていないと問題になります。つまり、自分の意志で勝手に売り払ったり、友人に譲ったりすることができません。

マイカーローンを完済して、手続きを踏むことで所有権を自分のものにすることができます。マイカーローンを完済するまでは車を自由にすることが難しい点がデメリットです。

また、車の所有権をディーラーや信販会社が持っている、これは車を担保としているのと同義です。仕事を辞めてしまった、ケガをして働けないといった理由でディーラーローンンの返済が滞ると、約1ヶ月程度で車が没収されてしまい、競売にかけられてしまいます。

金利面も銀行系マイカーローンよりも高く、6%~9%程度となるのが普通です。この金利ですが、同じ車種であっても店舗により異なります。同じディーラーローンを組んでも、金利が店舗によって大きく異なるケースがあるので、ディーラーローンを組むときには注意をしましょう。

さらに、新車・中古車によっても金利は異なります。

金利が1%異なるだけで、最終的に数十万円単位で差が出てくるので、金利には敏感になった方がいいでしょう。

残価設定ローン

残価設定ローンの仕組みはリースに似ているのですが、低予算で新車に乗ることができるのが魅力的なローンです。

契約時に数年後の残価(下取査定額)を設定して、その分を引いた金額をローン返済するというものです。常に新車に乗りたいという方にはおすすめですが、それ以外の人にはあまりおすすめすることはできません。

少し変わって仕組みのローンであり、損をする可能性もありますので注意をしましょう。

残価設定ローンのメリット

残価設定ローンのメリットは、毎月のローン返済額は少なくて済みます。そして、ローン期間満了後は、車を返却・売却・再ローン契約から好きなプランを選び車の進退を考えることができます。

残価設定ローンのデメリット

前述したとおり、残価設定ローンの場合、車をリースしているのと同じなので、ローンを支払い終わったとしてもすぐに自分のものにはなりません。自分の車にするのであれば、残価(下取査定額)分をさらに支払う必要があります。

また、リースしているようなものなので、車を返却する場合、傷があったり、走行距離が長かったら、追加分の金銭を支払う必要があります。さらに、残価(下取査定額)が保証されませんので、残価設定ローンを組んだときに予想していたよりも早く、車の人気がなくなってしまい車の価値が下がった場合は追加支払いをしなければなりません。

結局、毎月ローンというリース代を支払い、車を乗りまわす感じなので、車を購入したという気分にはならないかもしれません。

マイカーローンを組むときに気を付けること

変動金利と固定金利

マイカーローンを組むときに気を付けるべきなのは、金利です。この金利ですが2種類あります。

  • 変動金利
  • 固定金利

変動金利については、金融市場の状況により金利が変動、上がったり下がったりします。一方、固定金利は金融市場の状況に左右されることなく、契約を結んだときの金利が完済まで維持されます。

変動金利は金利が変動するリスクがある分、金利は低く、固定金利は金利が変動しませんが変動金利と比べると金利が高く設定されています。

住宅ローンのような30年とかの長期ローンであれば固定金利の方が圧倒的に有利ですが、マイカーローンの場合は長くても10年前後であり、固定金利にしても変動金利にしても、そこまで問題はありません。むしろ安い変動金利を利用した方が金利は低いのでお得になるケースがあります。

金利変動のリスクについては、マイカーローンでは考慮するべき問題ではありません。

金利以外のコストの存在

マイカーローンでは、金利が低い場所で契約を結ぶべきであるといわれていますが、保証料が金利に含まれているのか、含まれていないのかを見ておかねばなりません。

保証料とは、保証会社に保証人の代わりになってもらうために支払うものですが、これが金利に含まれて2%なのか、含まれていなくて2%の金利なのかでは話しが異なります。

含まれていない場合2%に保証料がプラスされます。保証料が1%であれば、金利は3%となります。別途保証料が必要なのか、別途保証料が必要ないのか、しっかり調べましょう。

この保証料でつまづき損をするケースが多分にあります。

繰上げ返済手数料

マイカーローンで意外と厄介なものが繰上げ返済手数料です。繰上げ返済をした際に発生する手数料です。この手数料を考えずに繰上げ返済をしてしまうと、そこまで返済できていないということがあります。

銀行系マイカーローン審査を有利にするためには?

頭金を用意する

マイカーローンの審査をする際にあった方がいいものが頭金です。まとまったお金を最初に用意しておき、支払ってしまえば車をその分安く購入することができます。安くなった車の価格から金利の計算をしますので、支払い利息も低く抑えることができるのです。

なにより、頭金を用意していると銀行側の印象が良くなります。少しでも銀行系マイカーローンを組むのに不安がある場合は、頭金を用意しておくといいでしょう。

頭金は購入したい車の1割~2割程度あれば十分です。

保証人を用意する

基本的に、銀行系マイカーローンは保証人を不要としています。

  • 勤続年数が1年未満のとき
  • 収入以上のマイカーローンを組むとき

このようなときには、保証人を銀行側は必要とします。勤続年数が3年以上あれば保証人なしで問題なくマイカーローンを組むことができるのですが、1年未満の場合審査で断られる可能性が非常に高くなります。

また、収入以上のマイカーローンを組もうとする場合も保証人がいると有利です。

保証人とは、契約者がマイカーローンを支払えなくなったときに代わりに支払う存在になりますので、銀行などに保証人をつけてくださいと言われた場合、何かしらに問題があります。購入する車から返済計画まですべてを見直すか、素直に保証人を用意しましょう。

めったにありませんが、未成年の場合も保証人が必要です。ただ、未成年の場合は保護者が代わりにマイカーローンを組んでしまった方が話しは早くていいでしょう。

おすすめのマイカーローンランキング


:人気ランキング1位

イオン銀行/自動車ローン(イオンアシストプラン)の概要

イオン銀行は、イオングループの銀行で、「新たな形態の銀行」に分類される流通系銀行です。

イオン銀行の自動車ローン(イオンアシストプラン)は、「資金使途自由(自動車本体価格、オプション、保険料、諸費用など)」「来店不要(WEBと郵送で契約まで完結)」「支払い済みの資金にも融資可能」「下限金利は低金利設定」「事務手数料が2,700円(税込)と格安」「最高700万円までの借入が可能」「口座があれば約1週間~2週間でご融資が可能」という特徴があります。

金利は若干高めに設定されているものの、資金使途が自由で他社借入の借り換え目的でも利用することが可能、すでに支払い済みの自動車代金にも適用可能、借り入れ後の用途変更も可能と自由度の高いマイカーローンとなっています。

また、イオンの銀行口座をお持ちであれば、融資まで約1週間~2週間とほかのマイカーローンよりも早く融資が下りるメリットがあります。来店不要、手続きも簡単、近くのイオン銀行店舗で、一部繰上げ返済、全額繰上げ返済が可能と利便性の高いマイカーローンと言っていいでしょう。

資金使途自由で使い勝手の良いマイカーローンを探している方におすすめです。

イオン銀行/自動車ローン(イオンアシストプラン)の比較表

人気ランキング16位
教育ローン名セディナ/セディナ学費ローン
セディナ/セディナ学費ローン


金融機関名株式会社 セディナ
本社所在地東京都
金利タイプ変動金利
金利学校により異なる
融資スピード
最長返済期間10年
申込可能年齢20歳~
在学中の元金据え置き可能
申込条件入学、または在学中の学生の保護者で安定した収入のある方
学生本人も利用できます
来店不要
担保不要
保証人不要
資金使途・入学金、授業料、教材費の他、学校に納める費用全般


:人気ランキング2位

住信SBIネット銀行/MR.自動車ローンの概要

住信SBIネット銀行株式会社は、1986年に設立されたネット専業の銀行です。三井住友信託銀行(設立当時は住友信託銀行)とSBIホールディングスが共同出資してできた、新たな形態の銀行であり、店舗を持っておらずネット専業で営業を行なっています。

その住信SBIネット銀行が行っているマイカーローンが、『MR.自動車ローン』です。MR.自動車ローンに関しては、利用可能な用途が非所に幅広く車を購入するために資金にすることから、運転免許の取得費用、そして他の金融機関のマイカーローンからの借り換え資金にすることもできます。

さらに、車やバイクなどのパーツの購入費用、そして修理費用に車検費用などに利用することが出来ます。限度額が10万円~1,000万円までとかなり高めに設定されていますので、中古車から高級車の購入資金として利用することが出来ます。

ネット銀行になりますので、来店の必要はなくパソコンやスマホ、そして書類の郵送などで審査が完了するので手続きは簡易です。また、1円から繰上返済が可能であり、繰上返済手数料などはかかりません。

金利に関してですが、仮審査申込前日時点で、三井住友信託銀行の商品である『ネット専用住宅ローン』残高がある場合は、金利が基準金利より1.0%引下げになります。また、仮審査申込時点で、住信SBIネット銀行のカードローンに契約している、またはSBI証券口座保有登録済の場合、金利が基準金利より0.5%引下げになります。

住信SBIネット銀行/MR.自動車ローンの比較表

人気ランキング1位
教育ローン名国の教育ローン
国の教育ローン
金融機関名株式会社日本政策金融公庫
本社所在地東京都
金利タイプ固定金利
金利1.81%
融資スピード最短20日
最長返済期間15年(母子家庭、父子家庭、世帯年収200万円以下は18年)
申込可能年齢-
在学中の元金据え置き可能
申込条件ご融資の対象となる学校に入学・在学される方の保護者
かつ世帯年収が下記よりも少ない方
子供1人:790万円
子供2人:890万円
子供3人:990万円
子供4人:1090万円
子供5人:1190万円
来店不要
担保不要
保証人保証料を支払う場合は不要
資金使途・学校納付金
・受験にかかった費用
・在学のため必要となる住居費用
・教科書代、教材費、パソコン購入費、通学費用、修学旅行費用、学生の国民年金保険料など


:人気ランキング3位

静岡銀行/しずぎんマイカーローンの概要

株式会社静岡銀行のマイカーローンが、『しずきんマイカーローン』です。

株式会社静岡銀行に関しては、地方銀行、それと信用金庫の中でマイカーローンシェア1位の地方銀行になります。そしてマイカーローンに関しては、正式名称はしずぎんマイカーローン(反復利用型)と呼ばれるものであり、保証料に関しては株式会社静岡銀行が負担をします。

しずきんマイカーローンの特徴として、カードローンのように利用することができるという点にあります。つまり、追加融資の際には、再審査なしで借入をすることができるのです。またATMで繰上返済をすることもできます。

金利に関してですが、2.4%~3.4%になるのですが、電気自動車(PHV・EVなど)購入者金利割引を実施しており、PHV・EV・FCV車を購入する場合の金利は1.9%~2.9%になります。こちらは平成29年の3月31日までの期間限定のサービスです。

また、しずきんマイカーローンは、使用用途が車関係に限られはしますが、車の購入資金以外に免許取得や車検、修理などにも利用することが出来ます。

さらに、反復利用型のマイカーローンを利用する場合、カードが発行されますが、そのカードにはカードローン機能が付帯されます。これは車に関する借入以外にも利用することができるカードローン機能となります。

静岡銀行/しずぎんマイカーローンの比較表

人気ランキング3位
教育ローン名三菱東京UFJ銀行/ネットDE教育ローン
三菱東京UFJ銀行/ネットDE教育ローン
金融機関名株式会社三菱東京UFJ銀行
本社所在地東京都
金利タイプ変動金利
金利3.98%
融資スピード契約書提出後約4営業日
最長返済期間6年
申込可能年齢20歳~70歳
在学中の元金据え置き可能
申込条件就学(予定)者の保護者または本人(社会人)
前年度の税込年収が200万円以上
勤続年数が1年以上
来店不要
担保不要
保証人不要
資金使途・学校に納付する学費
・入学金・授業料・寄付金等、入学または進学の際に一度にまとめて必要となる資金に


:人気ランキング4位

損保ジャパン日本興亜/マイカーローンの概要

損保ジャパン日本興亜株式会社のマイカーローンは、ジャパンダ・ネットマイカーローンといい簡単手続き、口座開設不要のマイカーローンです。

特徴として挙げることができる点としては、固定金利であるといことです。固定金利なので借入をしたときに毎月の返済金額と総返済額が完済まで変わることがなく、家計が管理しやすくなります

また、審査に関しては、最短即日回答であり土日祝日も審査をしてくれます。さらにネットでの申込みができますので、来店不要で24時間インターネットから申し込みをすることが出来ます。

その上、マイカーローン契約時に、新たに口座を作る必要がなく、現在利用中の金融機関の口座をそのまま利用することが出来ます。もちろん無担保ローンです。さらに、保証料は不要です。実施的な金利負担は表示されている金利のみとなっています。

金利に関してですが、『フレッシャーズ優遇』と『バイク割引』のマイカーローンの優遇条件があります。フレッシャーズ優遇に関しては、マイカーローン申込み時に満20歳以上25歳以下であり、借入金額が200万円以下の場合、適用金利より‐0.1%優遇となります。

バイク割引に関しては、排気量255cc以上のバイクを購入し、借入金額が499万円以下の申込みの場合、適用金利より‐0.1%優遇されます。

ただ、ジャパンダ・ネットマイカーローンに関しては、ローンの使用用途が車の購入のみとなっています。車の修理費用や借り換え、そして運転免許証取得の際に使用することはできません。

損保ジャパン日本興亜/マイカーローンの比較表

人気ランキング4位
教育ローン名ろうきん教育ローン
ろうきん教育ローン
金融機関名労働金庫
本社所在地東京都
金利タイプ固定金利/変動金利
金利3.90%
融資スピード
最長返済期間15年
申込可能年齢18歳~76歳未満
在学中の元金据え置き可能
申込条件中央労働金庫に出資のある団体会員または生協会員の構成員の保護者または本人
来店不要
担保不要
保証人労働金庫指定の保証期間による保証を条件に不要
資金使途・受験費用
・入学金、授業料
・教科書、参考書代、制服代、学用品代、部活動費、通学定期券代など
・施設費用など
・下宿の敷金、礼金、その他
・教育ローンの借り換え費用
・6ヶ月以上滞在する海外留学の渡航費用、滞在費、納付金


:人気ランキング5位

横浜銀行マイカーローンの概要

横浜銀行マイカーローンは、株式会社横浜銀行が提供しているマイカーローンです。横浜銀行に関しては、神奈川の銀行で、融資シェア、預金シェア、店舗数がどれもNo.1 (2015年3月末時点)なので、初めての方でも安心して利用することが出来ます。

横浜銀行のマイカーローンは、神奈川県や東京都在住の方が利用することのできるマイカーローンであり、特徴としてネットで申込むことで、窓口で申込みを行なうときよりも低金利でマイカーローンの融資を受けることが出来ます。また、ネットを利用すれば24時間いつでも簡単申込みが可能で、来店も不要です。

窓口で申込みを行なった場合は、年3.200%~3.900%ですが、ネットから申込むことで、年2.100%~2.800%での融資になります。金利プラン適用条件を利用すれば、最大年-0.7%お得に利用することが出来ます。

  • 住宅ローン(-0.3%)
  • 給与振込(-0.3%)
  • 住宅ローン、給与振込両方とも利用なら(-0.5%)
  • 横浜バンクカード(-0.1%)
  • 〈はまぎん〉マイダイレクト(-0.1%)
このようになります。保証料は0円なのでローン金利に保証料がプラスされることもありません。

また、マイカーローンは新車・中古車・バイク・外車にも対応しており、車検・修理、カーアクセサリー購入費用にすることもできますし、どれも同じ金利で利用が可能です。さらに、横浜銀行のマイカーローンは、最大1,000万円まで借りることができ、借入期間は最長10年まで自由に選べます。

さらに、融資までのスピードが比較的早く、必要書類がそろっていれば、最短で1~2週間程度で借入が可能であり、心配ならば仮審査もすることができるので安心に利用することができるでしょう。

横浜銀行マイカーローンの比較表

人気ランキング5位
教育ローン名JAバンク教育ローン
JAバンク教育ローン
金融機関名JAバンク(農林中央金庫)
本社所在地東京都
金利タイプ固定金利/変動金利
金利3.000%(変動金利)
4.000%(固定金利)
融資スピード最短1週間程度
最長返済期間13年6ヶ月
申込可能年齢20歳~71歳未満
在学中の元金据え置き可能
申込条件前年税込年収:200万円以上
教育施設に就学予定または就学中の子弟を有する方。
勤続年数1年以上
来店必要
担保不要
保証人JAが指定する保証機関の保証を利用するので、原則不要
資金使途入学金、授業料、学費、アパート家賃等教育に関するすべてで、資金使用用途の確認が出来るもの。

マイカーローンの選び方の注意点

マイカーローンについては、低金利で契約を結ぶことのできる銀行系マイカーローンがもっともおすすめです。

しかし、場合によってはディーラーローンの方が、有利になることもあります。もちろん、金利は高いのですが、たとえば、キャンピングカーのような特殊な車の場合、銀行は10年で完済するのに対してディーラーローンは12年で完済となります。

完済するまでの期間が長い分、返済計画にはゆとりが出来ます。もちろん、銀行系マイカーローンを選らんだ方が総支払額が少なくはなりますので、銀行系マイカーローンを第一選考として、有利な返済計画になるようマイカーローンを組みましょう。

身の丈にあったマイカーローンを組み、確実に返済することが重要になります。

Pocket

マイカーローン

イオン銀行/自動車ローン(イオンアシストプラン)

イオン銀行/自動車ローン(イオンアシストプラン)の概要 イオン銀行は、イオングループの銀行で、「新たな形態の銀 …

個人から中古車を買い取るときにマイカーローンを利用できるのか?

知り合いから中古車を購入するというとき、マイカーローンを利用することができるのでしょうか。 個人間で中古車を購 …

マイカーローンなら、消費者金融業者から年収以上の融資を受けられる?

マイカーローンをカードローンで購入しようと考える場合、総量規制に注意をしなければなりません。総量規制というのは …

夢のキャンピングカーをマイカーローンで購入するために

近年、ブームとなりつつあるのがキャンピングカーです。特に40代~50代の方が、家族でアウトドアを楽しむというこ …

ボーナス併用払いとは?

マイカーローンを利用した場合の返済方法の1つにボーナス併用払いがあります。ボーナスが支払われる企業に勤める正社 …

マイカーローンのシミュレーション

マイカーローン利用でおすすめのカードローン

PAGETOP